短距離走は、陸上競技では100メートルから400メートルまでの短い距離でタイムを競う種目です。

短距離走に関する記事

短距離走に関する記事

短距離走に関する記事 短距離走は、陸上競技のトラック競技のうち、400メートルまでの決められた距離を最も短い時間で走るかを競う種目のことです。自分の体力がそのまま記録として現れる基本的なスポーツで、学校の体育授業、運動会や体育会では必ず徒競走と呼ばれる種目が実施されるほど、最もポピュラーなスポーツとなっています。オリンピックや陸上世界大会では100メートルは花形競技で、優勝すると「人類最速」の称号が与えられます。

陸上競技の短距離走の正式種目は、60メートル、100メートル、200メートル、400メートルです。小学校、中学校、高校で行われる体力測定(体力テスト)では50メートル、大学等で実施される記録会ではタイムは非公式ですが、150メートル、300メートル走の計測も行われています。なお、60メートルは室内陸上競技大会で実施される種目です。

短距離走の公式ルールについてです。スタートのフォームは両手を地面に付けて、スターティングブロックを用いたクラウチングスタートとなります。1回目のフライング(号砲より速くスタートしてしまうこと)で警告、2回目に別の選手がフライングした場合、その選手が失格となります。走行中は自分に与えられたレーン(コース)を走り、左右の白線を越えてはいけません。ゴールはトルソー(胴体)がフィニッシュラインを越えたときにゴールとなります。

Copyright (C)2014短距離走に関する記事.All rights reserved.